京都の木材

京都の木材や、木材の地産地消に関する読み物です。

森林と木材の話適切な管理のもと、国産材を使うことで、日本の森は元気になります。 北山丸太のこと北山杉は室町時代頃からつくり始められたといわれます。この北山杉から作られる北山丸太は当時の茶室等の建築用材として頻繁に用いられました。 地産地消のこと近くの山で育った木を使うことで、輸送にかかるエネルギーを大幅に削減し、地球温暖化防止に貢献することができます。

一覧に戻る

木材に関係する方々へ。このサイトに登録しませんか? 木の端材をお譲りします。

免責事項

各事業者ページに掲載されている情報について、当サイト運営者は責任を負いません。当事者間の責任のもとに取引をおこなってください。予めご了承ください。